このサイトは株式会社 H.M.マーケティングリサーチをスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

将来性あるマーケティングリサーチャーになるには【マーケミライ】

変化する業界、今こそ
マーケティング視点を持った
マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーという職種が働く、
リサーチ業界は今、大きく変化をしています。
今まで以上に広い知見と深い考察力を獲得していく必要があります。
マーケティングリサーチャー新時代。
一緒にミライを見据えた
マーケティングリサーチャー
職探しへ
出てみましょう。

目次

マーケティングリサーチャーに
なるには?

マーケティングリサーチャーになるには、リサーチ専門会社や企業のマーケティング部門への就職、シンクタンクへの就職が一般的なルート。
特に必要な資格はないものの、幅広い業界の調査に触れるため、業界知識の収集・教養が必要となります。
経営学や経済学や心理学、マーケティングや統計学などを学ぶことで、よりマーケティングリサーチャーへの理解が深まります。

マーケティングリサーチャーになるには?

マーケティングリサーチャーの
仕事内容

マーケティングリサーチャーに
向いている人

マーケティングリサーチャーという仕事に向いている人は、どんな人なのでしょう?

現役のマーケティングリサーチャーの方々に話を伺い、どんな人が向いているのか?を聞いてきました。

マーケティングリサーチャーに
求められるスキル

データ分析能力

ただ数字を取るだけでなく、マーケティング活動に活用できる情報をデータから抽出し、依頼者へ提供するのがマーケティングリサーチャーの仕事。

そのため、現状のデータからどのようなことが想定されるのか?など背景の情報を分析する力が求められます。

心理をつかむ能力

調査をした先には、その調査の奥にあるユーザーの思考、ニーズを掴む力が必要となります。

消費者心理はどのようなものか?市場動向やトレンドは?顧客の心理はどのようなものか?を掴むことで、よりマーケティング活動のサポートができます。

知的好奇心

目的・課題に対して、データを基に仮説を検証していくのか、マーケティングリサーチャー。

一方向ではなく、様々な角度から仮説を検証していく必要があり、忍耐力も求められる仕事です。

地道な作業にもなりますが、「なぜこうなるのか?」「こう考えるとどうなるか?」と知的好奇心を持てる人はやりがいを感じやすいでしょう。

忍耐力

前述のとおり、マーケティングリサーチは、様々な仮説を用意し、データを基に検証をする研究者にも近い地道な作業が求められます。

数字の集計など、細かくミスのできない作業も多くあり、忍耐力が高い人であれば、活躍しやすいと言えます。

これから
マーケティングリサーチャーに
求められるスキル

マーケティングリテラシー

リサーチをしてファクトを納品するという業務ではなく、よりマーケティングパートナーとしての役割が求められるため、マーケティングそのものに対する深い理解が必要になります。具体的には顧客のマーケティング課題の特定から戦略の仮説構築を行い、得られたデータを元に課題解決に繋がる示唆提言を行うといった一連の業務に対応していきます。

プロジェクトマネジメント

デジタル化などマーケティングの進化に伴い、顧客がマーケティングPDCAを運用するために必要な機能やリソースが増え、それによる課題が表出化しています。マーケティングリサーチャーも顧客のPDCAに伴走するなど、より高度なプロジェクトマネジメントを求められており、そこに対応できることが一つの重要な価値となってきています。

なぜ、これからの
マーケティングリサーチャーには
ビジネス・マーケのスキル
求められるのか?

マーケティングリサーチ業界は
インサイト産業
変わっていく

市場調査業界のこれからのイメージ市場調査業界のこれからのイメージ

テクノロジーの発展により、データ分析の手法は多岐にわたり、従来よりもより正確な調査情報にアクセスできるようになってきています。
テクノロジーの発展は、専門家以外でも調査データへのアクセスを容易にしており、マーケティングリサーチの専門家としてより深く、より有益な情報を提供することが求められています。
マーケティングリサーチ業界は、データを収集し提供する業界から、データを収集・分析し、そのデータから分かるインサイト(対象者の消費活動や購買意欲を促す潜在的な欲求のスイッチ)を提供する業界へと変遷しています。そしてその変遷とともに、市場はより拡大していっています。

市場が拡大する背景には

  1. テクノロジー主導型調査手法/
    ツールの発展による
    業界構造の変化
  2. DIY型ツールや
    プラットフォームの発展と普及
    (簡易化・省電力化)
  3. 国際的に業種を問わず
    データ活用の重要性理解が進み
    外部資本が流入

新型コロナウイルスにより、テクノロジーの発展・社会の変化は加速し、WEBツールの発展、専門家でなくてもデータを収集できるプラットフォームが普及しています。
モノが増え続ける現代社会においては、マーケティングの重要性がより高まっており、データを活用し、より良いマーケティング活動を行うことの理解が進み、需要が増えてきたことによって、サービスを提供する企業を増加していっています。

マーケティングリサーチのイメージ図マーケティングリサーチのイメージ図

ただ調査をするだけのスキルだけでなく、
マーケティング活動に対し、
提言ができるスキルが求められています。

提言をするだけなら、どこの会社も
どのリサーチャーでもできる。
これから必要とされるのは、
提言の質!

よりスキルの高い
マーケティングリサーチャーになるには

監修

H.M.マーケティングリサーチ代表
恒藤 優

恒藤優氏
略歴
市場調査会社大手、株式会社マクロミルに入社し、コンサルタントとして消費財メーカー、小売、携帯キャリア、B2Cサービスなどの業界を担当。
2019年、株式会社博報堂との合弁企業立ち上げに伴い、株式会社H.M.マーケティングリサーチへ執行役員として出向。
2022年より代表取締役社長に就任。

従来の
マーケティングリサーチ

今のマーケティングリサーチのイメージ図今のマーケティングリサーチのイメージ図

従来のマーケティングリサーチ業界は、市場調査を行い、その分析結果や示唆を提供するものでした。そのために、業界や商材知見を含めたクライアント理解をもとに、リサーチによって検証すべき課題を整理し、リサーチの企画・実行をリードしてきました。

これからの
マーケティングリサーチ

近い将来必要とされるマーケティングリサーチのイメージ図近い将来必要とされるマーケティングリサーチのイメージ図

これからは、マーケティングプロジェクトにおける与件に閉じることなく、社会構造や生活者の動向を捉えた上で、マーケティング活動や事業の方針に反映できる形で示唆や提言ができる能力が求められていると思っています。

恒藤氏に聞くマーケティングリサーチャーのこれから

リサーチをもとに、
マーケティング活動や事業方針のカベウチを行うビジネスパートナーへ

マーケティングリサーチャーの役割は、マーケティング課題に基づいて、リサーチを企画・実行し、分析結果や示唆を提供するだけに留まりません。クライアントの事業環境を理解し、社会や生活者の動向を把握した上で、マーケティング課題の整理からマーケティング活動の提言までを担います。顧客、生活者、社会をよく理解したマーケティングパートナーであることが求められており、私が経営するH.M.マーケティングリサーチでもそうした対応を重視しています。

マーケティングの戦略参謀として
生活者発想なビジネス支援を行う
H.M.マーケティングリサーチ

H.M.マーケティングリサーチのサイトキャプチャ引用元:H.M.マーケティングリサーチ公式HP
https://www.hmmr.co.jp/

H.M.マーケティングリサーチの特徴は…

博報堂×マクロミルの
ジョイントベンチャー

インサイト産業などリサーチに対するクライアントニーズの変化を踏まえ、顧客のマーケティング支援においてより高い価値を提供できるよう、H.M.マーケティングリサーチは、長年蓄積してきたリサーチ業務のナレッジに留まらず、会社として変化することで新しいナレッジを獲得しています。

日本広告代理店大手の博報堂グループに入り、博報堂のマーケティング活動の支援を行いながら、自社のマーケティングの知見を高めることで、プランニング領域のサービス化などリサーチの付加価値化を模索。

さらにリサーチ業界の競合で、業界でも高いシェアを誇るマクロミルグループに入り、データアセットとリサーチのケイパビリティを強化することで提供するリサーチの質を高めています。

長年の経験を礎とし、両社の知見を加えながら、「生活者発想なモノやサービスが溢れる社会へ」をモットーに、より戦略的なマーケティング活動の支援をしています。

  • 今後より重要となる
    マーケティングナレッジ

    日本の広告業界を
    けん引する博報堂の
    マーケティングナレッジ

    博報堂のサイトキャプチャ引用元:博報堂公式HP
    https://www.hakuhodo.co.jp/
  • リサーチ会社の基盤として
    必要なデータアセット

    リサーチ業界
    リーディングカンパニーの
    マクロミルのデータアセット

    マクロミルのサイトキャプチャ引用元:マクロミル公式HP
    https://www.macromill.com/

博報堂のマーケティングナレッジとマクロミルのデータアセット、
H.M.マーケティングリサーチが長年培ったリサーチノウハウを掛け合わせることで、
リサーチとプランニングを手掛ける企業としてマーケティングPDCA活動における
戦略参謀となることを目指しています。

H.M.マーケティングリサーチで活躍する
マーケティングリサーチャー
インタビュー

H.M.マーケティングリサーチにて、リサーチャーとして活躍している社員の方々がどのような軌跡で活躍するまでに至ったのか?
前職や経験をどのように捉えているのか?を伺いました。

ご自身と近い境遇の方を選んで、キャリアの参考にしてください。

未経験から
エースリサーチャー

馬場さん
名前
馬場さん
前職
ライブハウススタッフ
入社時期
2017年

マーケティング領域から
マーケティングリサーチャーへ

鈴木さん
名前
鈴木さん
前職
広告代理店のプランナー
入社時期
2022年

ド文系でもマーケティングリサーチャーに

松林さん
名前
松林さん
前職
※新卒
入社時期
2016年

新卒が今では経営陣に提言を

藍原 雅史
名前
藍原さん
前職
※新卒
入社時期
2018年

マーケティングリサーチャーと関わる仕事

マーケティングコンサルタント

マーケティングリサーチャーはマーケットリサーチや調査を専門としており、データ収集や分析に精通しています。

一方、マーケティングコンサルタントはクライアントのビジネス課題を解決するための戦略立案やアドバイスを提供します。

リサーチャーの専門知識とデータ分析能力は、マーケティングコンサルタントの意思決定と戦略立案に不可欠な要素です。

マーケティングプランナー

マーケティングプランナーは市場や顧客のニーズを把握し、マーケティング戦略を立案する役割を担っています。

そのため、リサーチャーが行ったマーケットリサーチや顧客調査のデータや洞察を活用し、戦略の根拠となる情報を得ることができます。

このサイトについて

当サイトは、顧客のWEBマーケティング支援を行うZenken株式会社が運営するメディアです。

マーケティング領域で仕事をしていく中で、過去は市場調査と呼んでいた業界が進化を遂げ、我々マーケティング領域と協業することも増えてきたマーケティングリサーチ業界。

業界の変遷とともに、求められるスキルも変化してきているだろうと思い、業界の中心で活躍する株式会社H.M.マーケティングリサーチ監修の基、本サイトを運営しております。