マーケティング領域からマーケティングリサーチャーへ

広告代理店のプランナーからの転職先として、マーケティングリサーチャーという選択肢はいかがでしょうか?

当サイトでは、マーケティングプランナーからマーケティングリサーチャーに転職をされた鈴木さんのインタビューから、リサーチ業務への転職の良い点を探ってみました。

鈴木さん

株式会社H.M.マーケティングリサーチ
鈴木さん(2022年ご入社)

前職は、新卒で入社した広告代理店でプランナーとして3年ほど勤務。
さまざまな広告業務を行っていたが、より自分の得意領域を見つけていきたいと思い、興味を持っていたリサーチ業務を極めたいと考え、2022年にH.M.マーケティングリサーチに入社。
現在は、前職の経験も活かし、大手広告代理店博報堂との仕事をメインにリサーチ業務を行っている。

Q.前職は何をしていたのでしょうか?

広告代理店でプランナーをしていました。

プランナーとは言っても、そんなに大きな広告代理店ではなかったので、なんでもやってました。笑

調査などのデータを基に戦略を立てるし、そこから販促企画も考えるし、メディアプランニングもするし、というところで広く広告の知識を学べました。

Q.様々なスキルが身につけられそうですね。なぜ転職を考えたのでしょう?

先ほど言った通り、大きな会社ではなかったので、プランナーと言いつつも自分の業務範囲が広い。ゆえに定着していく知識は浅い、といった状況だったんですよね。

そんな風に仕事をしていく中で、自分のキャリアを考え、もっと自分の市場価値を上げられる環境に行きたいと思い、転職をしようと決めました。

Q.自己分析をしっかりされているんですね。その中でもなぜリサーチ業界だったのですか?

極めたい領域が「データ分析」だったから

広告代理店の仕事は好きだったので、その中でどの業務が一番好きだろう?と考えたら、データを見て分析して、戦略の方向性を見つけていく。ということに一番関心があったので、そこを極めたいと思い、リサーチ業界に転職しました。

プランナーからのマーケティングリサーチャーの転職

鈴木さんインタビュー風景1

Q.前職からの経験が活きているなと感じる部分はありますか?

背景を踏まえた提言ができる

もともと代理店目線でリサーチャーとは関わっていたので、両方の視点を持てていることは強みかもしれません。

代理店時代は広告施策に活用できるデータについて考えていたので、当時リサーチ会社とやり取りしていても、代理店だけでは叶えづらいプロダクト変更などの提言は不要なことが多かったです。

ただ、そこからマーケティングリサーチャーに転職して、誰に・どのように結果を伝える調査なのか?この調査結果を踏まえたネクストアクションはなにか?広告効果測定の調査であれば、どのような目的の広告でどれくらいの露出量だったのか?

という背景情報も踏まえた提言ができるのは、プランナー出身であることが活きていると思います。

今やっている仕事

Q.具体的に今どのようなお仕事をされているのでしょうか?

博報堂のお客様のリサーチ業務を行っています

H.M.マーケティングリサーチが博報堂のグループ会社で、博報堂のお客様のリサーチ業務を行っています。

私は、博報堂からの仕事を行うセクションに所属しています。

マーケティングの中でもリサーチ領域に絞った為、専門スキルが身につくという転職軸にもマッチし、かつ、前職の仕事内容自体は好きだったので、同じ領域に携われるのは嬉しいです。加えて、得意先や商材が幅広くなったことでとても楽しめています。

H.M.マーケティングリサーチという会社はどんな会社?

鈴木さんインタビュー風景

Q.H.Mマーケティングリサーチはどんな会社でしょうか?

「仕事に真面目な人が多い会社」

「仕事に真面目な人が多い会社」だと思っています。

顧客の伴走者として、提言の質を高めていく」「顧客志向」ということを代表の恒藤さんもいつも仰っているのですが、経営陣がただ言っているだけでなく、社員全員がそれを考えているなと思います。

上司・先輩からの教育も、すごく丁寧だと感じています。日々の進捗共有とそこからのアドバイスはもちろん、提案の質をブラッシュアップするために、壁打ち時間もクイックに取って下さったり、案件単位での振り返りもしてくれたり。

育成にも手を抜かないし、手厚い会社ですね。

H.M.マーケティングリサーチの採用の
詳細はこちらでチェック

sponsored by

H.M.マーケティングリサーチ

H.M.マーケティングリサーチの公式HPキャプチャ引用元:株式会社H.M.マーケティングリサーチ公式HP
https://www.hmmr.co.jp/

リサーチ業務に従事し、60年以上の歴史を誇るマーケティングリサーチ業界でも老舗の企業です。現在では、広告代理店大手の博報堂と同じくマーケティングリサーチ業界大手のマクロミルのジョイントベンチャーとして、マーケティング領域・マーケティングリサーチ領域両方の知見を活用し、顧客のマーケティング活動を支援しています。

博報堂のナレッジを基に、マクロミルのデータを活用した
リサーチ・マーケティング業務を行える環境が魅力の一つです

H.M.マーケティングリサーチの求人例

年収 429万円 〜 544.2万円
賞与年2回
年間休日122日
原則テレワーク
職種 リサーチコンサルティング職
雇用形態 正社員
応募資格 ・大卒以上
・事業会社での正社員経験(年数不問)
・コミュニケーション力の高い方
・積極的、意欲的に仕事に取り組める方
・本ポジション、及びマーケティングリサーチという業種への強い興味、関心
・法人営業経験またはマーケティング関連業務経験(2年以上)
給与 年収 429万円 〜 544.2万円
※経験者は給与幅が上がります。
・昇給年1回(9月)
・賞与年2回(3月・9月)
勤務地 東京都中央区京橋2-7-19 京橋イーストビル9F
※原則テレワーク
休日休暇 全週休2日制(土日)
※年間休日122日
・祝日
・夏季特別休暇(毎年5日付与)
※1年目は入社日に応じて変動
・年末年始(12/29~1/3)
・有給休暇(入社日に1~10日付与)
※2年目以降、毎年4月に12日~最高20日付与
・慶弔休暇
・産前産後休暇
・育児休暇
・介護休暇
・看護休暇
 他
福利厚生 ・社会保険完備(健康・厚生・労災・雇用)
 ※東京都情報サービス産業健康保険組合加入
・在宅勤務整備(一律手当有)
・通勤手当(出社日数に応じて実費支給)
・確定給付企業年金基金加入
・全国情報サービス産業厚生年金基金加入
・退職金制度(入社1年以上で支給対象)
・慶弔見舞金(結婚、出産、弔意、傷病、罹災)
・リファラル採用祝金(紹介者・入社者)
・アメックスゴールドカード優遇(実質年会費永年無料)
・保養施設・スポーツ施設・レストラン等、優待・補助有
・永年勤続休暇(15年以降、5年毎)
・MVP表彰(賞金有)
・再入社支援制度
・再雇用制度(現在再雇用64歳まで)
※段階的に定年年齢引き上げ
・社用携帯貸与
・PC貸与(Let’s note等)
・社内自販機・休憩ルーム
・フリーアドレス
・服装オフィスカジュアル
選考プロセス ・書類選考
・面接(担当)
・面接(役員)
⇒内定
※1次面接は、オンライン(Zoom)